イシンホームに住んでみた

イシンホームは全国にありますが、フランチャイズに近い形態で各工務店が個々に運営をしています。 同じ「イシンホーム」を看板にあげていても工務店によって出来る事、出来ない事、標準仕様等が違ってきますので、こちらのブログに書かれている事が全ての工務店でも同じとは限りません。

【2015年:冬】

フラット35の事は色々調べて勉強しました。

いつものネット検索でね。
もう疲れ目 半端ない。


フラット35Sだと金利が少し安くて良いとか、
ソーラー売電を年収に加算してくれるとか。

ネットで検索する内容が
土地からローンに変わっただけで、

相変わらず時間があればネットサーフィンです。

おかげでどんどん視力が落ちています。


ローン審査に落ちた人の情報を調べて
一喜一憂したり、ローンに通る裏ワザを探したり…。

裏ワザなんてちっとも無かったよ。


自分の信用情報も取り寄せて
調べでみました。
何枚もクレカがあったので、
よく使う2枚に絞って、他のカードは解約しました。

クレカのキャッシング枠もゼロにしました。
キャッシングしてなくても枠があるだけで
借金しているのと同じ評価になってしまうそうです。

他のローンだけでなく、
携帯電話の分割払いが残っていても
ローンの審査に影響があるみたいで、

スマホの分割払い残金を
一括で払っておきました。

ネットの情報によると、
スマホの残金3,100円に対して
住宅ローンで借りられる額が
100万円減るのだとか。

残金31,000円あったら、
借入額が1,000万円減らされるってこと。

フラット35で落ちたら、
家の計画がその分遅れるし、

絶対に一発で審査に通らなきゃって
プレッシャーがかかります。


フラット35は主に過去2~3年分の
確定申告書類を審査するから、
もし審査に落ちたら、

翌年までローン審査出来ないんですよ。

新しい確定申告書類じゃないと、
審査に落ちた書類では
同じ結果にしかならないんですよね。

間取りを小さくして
借りる金額を下げたりすれば
審査に通るかもだけど。


【2015年:11月】

そうそう、
ソーラー、売電27円を確保するために
慌てて書類提出をしていました。

いったいぜんたい
何キロワット乗せたら良いのか、
悩みましたねぇ。

儲けが出るのなら、出来るだけ
たくさん乗せたら良いけど、
何キロワットが良いのか…。

ソーラーパネルの家を見て、
「だいたい◯◯キロワットだな」
とか判れば、
「うちもあのぐらい乗せたいね」
と、想像できるのですが…。


「よくわかんないけど30キロワットぐらい乗せちゃう?」

「出来るだけ乗せたいね」

「30キロワットあれば、家の電気を全部賄えるかなぁ?」

「だいたい、家1軒で1日何キロワット消費するんだろね?」

あれこれ夫婦で会話したけれど
いやー、ほんと無知でした。

1日3~4キロワットあれば
戸建の家1軒の電気は賄えるなんて、
知りませんでした。

家を建てると決まってからは
親の家に間借りさせてもらっていたので、
電気料金の明細をじっくりと
見たこと無かったのです。

請求金額だけ教えてもらって、親世帯と
折半して払ってはいましたけど。


で、私達が最初に考えたワット数は、

約34キロワット。

はははっ
家10軒分が賄える発電量ですね。


あと、34キロワットだと、コントロールパネルが
6台に
なるらしく、最終的にはもっと少なく申請しました。

20年後に電気を買い取ってくれる企業が
あるのか不明だし、
パネルを廃棄するのにもお金がかかるし、

あまり多くパネルを乗せすぎないように
しなきゃね。

【2015年:10月】

ここなら大金払ってでも買いたい!
と思える土地と、ご縁が繋がった。

地主さんが
「ちょうど売ろうと思ったところ」
と言う土地。

すぐにソーラー申請を出した。

土地は不動産屋を挟まずに
売買できることに。
(仲介手数料が不要になる♪)


でも問題がひとつ。


住宅ローン審査の添付書類には、
不動産屋が作成する
「重要事項説明書」が必要だそうです。


やっぱり不動産屋を挟まなきゃダメか…。
と思ったところ、
施工予定のアイシンに
不動産部門があり、

担当の I さんが宅建の
資格を持っているので、
仲介手数料ほぼ無料で
売買できることになりました。

わー、大変ありがたい。


金銭的にまったく余裕がない
ギリギリのマイホーム造りに
なることは目に見えていたので、

仲介手数料がかからないことで

「私たちでも家を建てられるかも。」

という気持ちを後押ししてくれました。



ローンの書類、26年度決算で出すには
27年4月になってからじゃないと
審査してもらえないのですが、

土地の売り主さんは
「急いでないから、いつでもいいよー。」
と言ってくださり、ホッとしました。

「そんなに遅くなるのなら他の買い主探すわ」
っていう場合もあるからね。
ほんと恵まれています。

あとはローン審査が無事に通ることを祈るのみ。

【2015年:10月】

最終的に、売電のことを考えて
陽当たりの良いことを優先し、
境界立会を拒否する隣人がいる土地に
決めることにしました。

最初に考えていた土地の予算を
400万円越えている土地。
しかも、田んぼを埋め立てた土地で、
北側が沼地になっているのが不安。

湿気対策が必要だね。


その土地にしようと決めた帰り道。
夫がちょっと遠回りのルートを選びます。

実は、
「ホントはこの土地が良いんだよね~」

と言いながら通過する場所があるんですよね。

当然、売りには出ていません。


そんなに気に入った土地なら、
ダメ元で持ち主にピンポーンしてこれば良いやん。

ふと見ると、近くに畑仕事をしている
お婆さんがいます。
そのお婆さんに土地の持ち主を
聞いたら、すぐ近くの方だと判りました。


さっそく地主さんの家を
ピンポーンしてみると、

「ちょうど売ろうとして不動産屋3社に
見積り依頼を出しているところなのです。」

とおっしゃるじゃないですか


場所は公園の隣で
日当たりも最高で
散歩できる小路もあるし、
公園がすぐそばだし、
最高やん。


ただ、土地は希望より更に広くて、予算オーバー。
場所は変えがたい、ここぞと思える立地。

夫が
「こんな所に住めたら良いな~」
といつも眺めていた場所です。


でも予算が大幅にオーバーする。

ちょうど売ろうと思っていたなんて
なんというタイミングでしょう。


でも予算g…


もし不動産屋に情報が上がったら、
すぐに売れる土地だと思う。

現に見積りした1社が
「ぜひ買いたい!」
と言ってきたそうです。


地主さん
「不動産屋を通さずに
直接売買しても良いですよ」


こんな好条件、ありますか?

予算が800万円ほどオーバーするけれど

か、

か、

買わせていただきます。




あぁ、これで土地探しに悩む毎日から解放される!

【2015年:秋】


「ソーラー売電の27円を確保するには、
11月中に新築する住所、
何キロワットソーラーを乗せるのかを
決めなければいけない。」




ほんの数ヶ月違うだけで
ソーラー売電の単価が
変わってくる!

しかもその変わり目はあと1ヶ月!

骨を埋める土地なので
おいそれとは決められない。

イシンホームに行く前から
ネットの土地情報や不動産窓口の資料など、
目を皿のようにして
毎日毎晩、たくさんの物件を見続けてきた。


それこそ膨大な資料の中から


「○○地区で△△万円の土地…」


と言われるだけで


「●●坪で少し台形の土地で東道路の土地でしょ」


と即座に答えられるくらい市内の土地は
全て網羅していた私達。


不動産情報の写真や図面を頼りにGoogleマップで

しらみ潰しに該当土地を探し当て、直接現地を確認する方法で、

めぼしい物件は全て
現地の風景まで含めて
熟知するほど土地を探しまくりました。



不動産屋で「こんなのどうですか?」と出されても、
チラっと見ただけで


「あー、◯◯地区の角地ですよね、東側に
高いビルがあって日当たり最悪でダメです。」

「その土地も見に行ったけど、
隣がゴミ屋敷でダメですよ。」



不動産の公開情報には周辺情報が載っていないので、
パッと見良さげな物件に見えるのですが、実際に見に行ってみると、
南側が墓地だったり…。

なるほど売れ残っている理由がよく分かります。




夏休みの宿題をギリギリまでやらないタイプの私と

夏休みの宿題を2学期が始まっても提出せず、
結局、最後まで提出しない夫。


そんな二人が ものの半月で市内の土地を網羅できるほど熟知するなんて…

よっぽど必死だったんでしょうね、当時は。

1時間おきとか、少しでも手が空くと
新着物件が上がっていないか
ネット情報をくまなく見続ける生活で

視力が急激に落ちました。


それだけさんざん探しても
めぼしい物件は1つも無い。

一応ソーラー申請した土地は

義母の知り合いが譲っても良いという土地と

たくさんある情報の中から金額と面積で折り合えそうな
市外の土地(隣人がヤバい土地)。

知り合いの土地はすぐ南側に電線がいっぱい
走っていて、ぜったいソーラーパネルに
陰ができる土地。

もう一つの土地は隣の地主が
境界立会を頑なに拒否するという
近所付き合いが大変そうな土地。


さんざん見てきた物件の中で
残ったのがこの2つかぁ…。


ほんと土地探しって難しい。

このページのトップヘ