イシンホームに住んでみた

イシンホームは全国にありますが、フランチャイズに近い形態で各工務店が個々に運営をしています。 同じ「イシンホーム」を看板にあげていても工務店によって出来る事、出来ない事、標準仕様等が違ってきますので、こちらのブログに書かれている事が全ての工務店でも同じとは限りません。

【 2015年秋 】

とりあえず、冊子を送ってくれた
イシンホーム加盟店のアイシンに行ってみることに。

展示場に行くと、やっぱり
早く家を建てたい!って思えますね~。


話を聞いてくれたのは、若くて美人の I さん。


そこで聞いたことは

「ソーラー売電の27円を確保するには、
11月中に新築する住所、
何キロワットソーラーを乗せるのかを
決めなければいけない。」



ひー、もう1ヶ月しか無いやん


とりあえず現段階で最終候補に
上がっている土地を2ヵ所、申請することに。


候補の土地、悪くないんだけど、
隣の地主が境界線立ち会いに頑なに出てこないとか、
ちょっと要注意人物らしいのよね。
予算もちょっとオーバーしてるし。

でもさんざん探して、一番マシなのがこの土地だから、仕方がない。



イシンホームの資料をじっくり読んで、

実際にアイシンという工務店で担当者と話してみて、

「あ、ここで建てよう」

と自然に思えました。

他のメーカーは 一切見ていないけれど、直感です。


I さんって方が調子の良いことばかり
言うような人ではなくて、
素直で信頼できる人柄だな、
と感じたし、
女性だったので話しやすかったし。


家の方は、

標準装備は充実しているし、
大手のように人件費に費用を取られない分、
材料の質にお金をかけられるのが良い。


これ、私の中でけっこう気にするところ。

実は、私の実家は大手ハウスメーカーで
家を建てているんです。

最近、親に家の金額を聞いて
おったまげました。


母屋家屋だけで8000万円超え!

はぁ~~~?

実家を建てた時の営業マンは
翌年にめでたく
東京本社へご栄転となりましたとさ。


その大金の半分近くが全国テレビCM代とか
豪華なモデルハウスの維持費とか
営業マンへの高い歩合給なんでしょ?

そのお金を自分の家の材料に
還元した方が良いよね?

だから大手ハウスメーカーは好きじゃない。

てか、お金無いから
大手は選べないんだけどね。


アイシンって会社、

大手ではなく工務店だから、手が届きそう。
ソーラーに関しては信頼できる。
担当者もいい人そうで良かった。

しかし、早急に土地を決めなくては…。

【 2015年秋 】

無料の資料を読んでみて。


やっぱり せっかく建てるなら断熱をしっかりして
光熱費が少なくなる家を建てたいね。

私、冷え性ですごい寒がりだし。


換気システムとやらも重要っぽいし。
施行する会社によって
こんなにも標準内容が違ってくるんや。

この大容量の収納いいなぁ。
標準で大容量収納がついてくるのは
魅力的だよね。


ソーラー、こんなに発電するのか。
42円の権利を獲得してる人いいなぁ~。


この石原社長ってのが強烈なキャラやね。
猪突猛進型って感じでパワフルそう…。

なんか宗教にハマって 熱心みたいだけど
こういう人は奉仕の精神を持っているし
素直な人だと思うよ。


一度、イシンホーム見に行ってみようか。

冊子の裏のシールに書いてある電話番号に
かければ良いよね。

うわっなんか緊張する…。



こんな感じで、
夫とワイワイ相談して
イシンホームのモデルルームを
見に行くことになりました。

【2015年秋】

数日後に、本当に無料で
たくさんの冊子&DVDが届いた♪

冊子の後ろをみると
「株式会社アイシン」
ってシールが貼ってある。

へ~、
イシンホームだけどアイシン?

まぁイシンホームもアイシンも
どっちも聞いたことが無い名前だけど

「土地を探す時最初に読む本」

とかワクワクする本も入ってるし
本好きな私の楽しみが増えたな。


私、取扱説明書とか全部読むのが趣味で
こういう説明本、大好きなんです。

さっそく夫と共にDVDを拝見♪

さすが動画だと分かりやすい。

ローン破綻にならない為のアドバイスとか、
換気システムの良さとか
頭金を貯めている間に発生する家賃の問題とか

なるほどね~と感心する内容が多くて

ほんと、全く知識が無い状態だったので
家づくりをどう進めて行ったら良いか
参考になりました。

暗闇で手探りだったのが、
ちょっと先が見えてきた感じ。



イシンホーム、良さそうやん。

【2015年秋】

中古物件はやっぱり買う気にはならず、
やっぱり注文住宅かぁ。

となると、間取りもイメージしておきたい。

焦りだけは出てくる。


とりあえず新聞広告に入ってくる建売の間取りを見たり
フリーペーパーに掲載されている各工務店の情報を見たり…。

「すもーね」の雑誌を見てみたり…。

驚いたのが、

え、県内だけでも
何百件もの工務店やメーカーがあるの!?

ってこと。

雰囲気が好みの室内写真に付箋を付けてみるものの
広告の物件は建売りばかりで
イメージが膨らまない。


何から手を付けて良いのか分からないし、
何を基準で選べば良いのかも分からない。


当初は家を建てる予定は無かったため、
「夢のマイホーム貯金♪」などは当然やっておらず

40代という年齢も考えるとローンを組むことに
とても不安を覚える夫と私。


ひとつキッカケとなったのは、


「ソーラー売電の収入があれば家を建てても良いかなって思える。」

と言う夫の一言。

ネット広告でちょくちょく夫の見ているサイトに貼られる
「イシンホーム」
が気になるらしい。

えー、ネット広告なんてめちゃ怪しそう…。
そんな所に住所とか個人情報を教えて資料請求して大丈夫なの?

なんかCDとか冊子とか、たくさん貰えるみたいだけれど、

「本当に無料?よく読んで!」
「絶対に無料?」

と隅々まで確認して、本当にCD2枚と書籍8冊ぐらいがタダで貰えるようなので、

ためしに請求してみることに。

【 2015年春~夏 】

私たちの物件探しは
土地でも、中古家屋でも

ネットに出ている物件情報を見てGoogleマップで現地を特定、
実際に車で見に行く。

という感じでした。

地道な作業に見えますが、写真にチラリと見える青い屋根とか
軒の向きや車庫との位置関係などから、けっこう現地が見つかるものです。

主に見ていた物件は

「住宅ローン控除が使える
築20年以下の物件」

「古民家」

築100年ぐらいの古民家(写真では遠目で良い感じの平屋)で値段が安い物件を見つけ、
早くしないと誰かに買われちゃう!と慌てて現地を見に行くと
ベニヤ板の手作りドア(玄関)で南京錠、朽ち果てて屋根が落ちかけているただの納屋。

だったりして、目で見ないと分からない事も多かったです。


さんざん見てわかった事は、安い物件は安い理由がある。
しかも、安いのに誰も買わずに何年も売りに出ている。

誰もが飛びつくような美味しい物件は不動産屋が自分で買い取っちゃうので、
不動産屋で一般公開されている物件は全て、それ以下の物件だってこと。


納得できる土地に出会えるだろうか…。


土地探しも しなきゃだけれど、
ハウスメーカーにもアンテナ立てて置かなきゃ。



このページのトップヘ