新居の工事中、ほとんど毎日のように現場へ顔を出していました。

私は物を作る事が好きなので
少しずつ出来上がっていく工程を見るのが
とても楽しかったです。

(この記事を書いている今は
まもなく築1年になる頃です。)


アイシンの断熱は発泡ウレタンを吹き付けるというもの。


吹付け作業は1日で完了。
私は、その日の夕方に自分で目視して、
きちんと施行されているか、自分で確認しました。


壁を貼ってしまったら見えなくなってしまうので
自分の目でモコモコのウレタンが壁一面に
吹き付けられている状態を見られて良かったです。


一応規定の厚さ(8cm)は保っているようで、
8cm以上の厚みがある箇所も。

下の隅の方とか、少し周りよりウレタンの厚さが少ないと
感じる部分を指摘して、
みっちり隅まで吹き付けてもらいました。


棟上げが12月4日で、毎日毎日寒かったのですが、
発泡ウレタンを吹き付けただけで、
建築中の家の中が寒くなくなりました!

寒いは寒いんですよ。

でも、吹付け前の寒さとは
全然違いました。

夫と二人で、

発泡ウレタンを吹き付けただけで
これだけ体感温度が違うなんて、
新居完成後の冬が楽しみだね。

なんて話しました。